平成の間に大学院はどう変わったのか(博士課程編)

今回は学校基本調査の数値から平成の間(1989年度~2018年度)に大学院の入学者がどう変化したのかを見ていきます。大学院は修士課程、博士課程と2003年に新たにできた専門職学位課程の3つがありますが、今回は博士課程について見ていきます。

分野別の動向

博士課程の分野別の動向は以下の通りです。

分野1989年2018年増減比率
合計7,478 14,903 7,425 199%
人文科学899 952 53 106%
社会科学607 1,013 406 167%
理学929 1,082 153 116%
工学1,258 2,562 1,304 204%
農学502 680 178 135%
保健2,973 6,271 3,298 211%
商船0 0 00%
家政27 46 19 170%
教育153 502 349 328%
芸術31 163 132 526%
その他99 1,632 1,533 1648%

修士課程は比較的まんべんなく増加していましたが、博士課程になると増加している分野していない分野がはっきりしています。

具体的には増加しているのは主に工学系統、保健系統、その他ということになります。この中でその他については分類できないものが入っているというのは学部でも修士課程でも同じです。

このうち保健系統については、医学系等の拡大という側面もありますが、医療関係学部が増加したことにより教員需要が増加したことが要因だと考えられるでしょう。

また、工学系統については教員需要というよりも博士に進学しても何とか就職できるということが影響していると考えられます。

以下分野別に見ていきます。

人文科学分野

まずは人文科学分野です。

分野1989年2018年増減比率
人文科学全体899 952 53 106%
文学438 185 -253 42%
史学157 76 -81 48%
哲学216 141 -75 65%
人文その他88 550 462 625%

文学はその他以外減少しています。特に文学は当初は文学系統の主力でしたが、現在ではかなり減少しています。修士課程では心理学の影響で哲学も増加していましたが博士課程では減少しています。心理学は人文その他に含まれるか、博士課程まで進学していないと言えるでしょう。

社会科学分野

次に社会科学分野です。

分野1989年2018年増減比率
社会科学全体607 1,013 406 167%
法学・政治学182 214 32 118%
商学・経済学288 409 121 142%
社会学117 151 34 129%
社会その他20 239 219 1195%

人文科学分野と異なり、社会科学分野については何とかすべての分野で増加しています。総じてどの分野でも博士に進学していると言えるでしょう。進学比率という面では別に調べてみようと思います。

理学分野

次に理学分野です。

分野1989年2018年増減比率
理学全体929 1,082 153 116%
数学114 164 50 144%
物理学258 281 23 109%
化学160 129 -31 81%
生物学166 127 -39 77%
地学59 87 28 147%
原子力理学7 0 -7 0%
理学その他165 294 129 178%

その他を除いては数学と地学の分野が健闘していると言えるでしょう。数学は活用範囲が拡大していること、地学は地震・火山研究の必要性からではないでしょうか。

工学分野

続いて工学分野です。工芸学の比率は便宜上0%となっています。

分野1989年2018年増減比率
工学全体1,258 2,562 1,304 204%
機械工学113 181 68 160%
電気通信工学328 434 106 132%
土木建築工学131 202 71 154%
応用化学195 226 31 116%
応用理学45 44 -1 98%
原子力工学36 21 -15 58%
鉱山学12 0 -12 0%
金属工学32 6 -26 19%
繊維工学0 0 0 0%
船舶工学8 0 -8 0%
航空工学16 37 21 231%
経営工学17 20 3 118%
工芸学0 1 1 0%
工学その他325 1,390 1,065 428%

全体の進学者が多いこともあり、修士課程と似ていると言えるでしょう。

農学分野

次は農学分野です。

分野1989年2018年増減比率
農学全体502 680 178 135%
農学84 44 -40 52%
農芸化学102 18 -84 18%
農業工学12 24 12 200%
農業経済学19 21 2 111%
林学14 10 -4 71%
林産学18 0 -18 0%
獣医学畜産学72 135 63 188%
水産学79 26 -53 33%
農学その他102 402 300 394%

農学分野は30年間で博士課程の進学者はそれほど変化していません。比率としてもその他分野に大きく偏っていると言えるでしょう。逆に言うと生命・生物系の分野であれば博士課程に進学しているともいえます。

保健分野

次は保健分野です。

分野1989年2018年増減比率
保健全体2,973 6,271 3,298 211%
医学2,319 3,981 1,662 172%
歯学464 709 245 153%
薬学154 550 396 357%
保健その他36 1,031 995 2864%

保健分野は増加しています。医学、歯学、薬学については基本的に6年制で、進学した段階から博士課程所属となるため(一部修士課程もありますが)、純粋に大学院進学者数が増加していると言えるでしょう。

ここでもその他分野が増加しています。修士課程と同様に医療技術系の資格関連の専攻が増えていると言えるでしょう。

家政分野

次は家政分野ですが、以下の表を見てわかる通り1989年でも2018年でも博士課程への入学者は非常に少ない状況になっています。

分野1989年2018年増減比率
家政全体27 46 19 170%
家政学0 0 0 0%
食物学4 19 15 475%
被服学4 1 -3 25%
住居学0 0 0 0%
児童学0 0 0 0%
家政その他19 26 7 137%

その中でも食物学だけは少しだけ増加しています。

教育分野

続いて教育分野です。教員養成と教育その他の比率は便宜上0%となっています。

分野1989年2018年増減比率
教育全体153 502 349 328%
教育学145 336 191 232%
教員養成0 76 76 0%
体育学8 87 79 1088%
教育その他0 3 3 0%

教育分野は人数こそ少ないものの体育学の増加が目立ちます。最近ではスポーツ選手出身でも大学院に進学するというパターンをよく見かけるようになりました。それだけスポーツ関係の大学院進学熱が高まっていると言えるでしょう。スポーツ系の学部が増加しているという背景もあると考えられます。

芸術分野

次は芸術分野です。

分野1989年2018年増減比率
芸術全体671 2,073 1,402 309%
美術213 462 249 217%
デザイン104 273 169 263%
音楽259 635 376 245%
芸術その他95 703 608 740%

修士課程と同様に芸術分野はどの分野も増加しています。

その他分野

最後にその他分野です。その他のその他(変な表現ですが)の比率は便宜上0%となっています。

分野1989年2018年増減比率
その他全体99 1,632 1,533 1648%
自然科学31 414 383 1335%
社会・自然科学52 113 61 217%
人文・社会科学16 373 357 2331%
その他その他0 732 732 0%

修士課程がかなり増加していることから結果的に博士課程の人数も増加しています。

博士課程の変化まとめ

博士課程の変化のまとめは以下の通りです。

1.修士課程と異なり、博士課程は工学系統と保健系統だけが増加している
2.そもそも家政系統などは昔も今も博士課程には進学しない
3.農学その他など博士課程への進学の可能性が感じられる分野も出てきた

以上です。参考にしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です