平成の間に専門学校はどう変化したのか

専門学校は1976年に制度化されてから40年以上が経過しています。そこで、平成元年(1989年)から平成30年(2018年)までにどう変化したのかを学校基本調査の数字から見ていきます。

大学と短大についてはこちらの記事を参照してください。

専門学校の分類については、小分類が2005年に追加されているので、1989年、2005年、2018年の三段階に分けてみてみようと思います。2005年は平成17年なので、平成の半分くらいという見方もできます。

全体の数字の変化

専門学校は工業、農業、医療、衛生、教育・社会福祉、商業実務、服飾・家政、文化・教養の8つの分野に分けられます。そこで、全体の数字と分野ごとの数字の推移を見ていきます。

分野名1989年2005年2018年2005年
1989年比
2018年
2005年比
総計309,488 326,593 267,562 17,105 -59,031
工業分野87,837 52,966 39,215 -34,871 -13,751
農業分野744 1,336 2,557 592 1,221
医療分野46,146 75,807 63,616 29,661 -12,191
衛生分野28,209 50,090 37,504 21,881 -12,586
教育・社会福祉分野11,550 32,326 15,080 20,776 -17,246
商業実務分野61,293 36,914 35,732 -24,379 -1,182
服飾・家政分野28,065 12,157 8,043 -15,908 -4,114
文化・教養分野45,644 64,997 65,815 19,353 818

専門学校全体では1989年から2005年にかけて増加し、2005年から2018年にかけて減少しています。もちろんずっと増加し続けたり、減少し続けたりするわけではなく年度により増減はあります。

分野別にみると、2つの期間ともに減少しているのが、工業、商業実務、服飾・家政の3分野、2つの期間ともに増加しているのが、農業、文化・教養の2分野、最初の期間は増加し、次の期間で減少しているのが、医療、衛生、教育・社会福祉の3分野です。最初の期間に減少して、次の期間に増加した分野はありません。

工業と服飾・家政の2分野は大きく減少していると言えます。次に分野ごとの小分野の推移を見ていきます。

工業分野

工業分野は分野全体としては大きく減少しています。では小分野ではどうなっているでしょうか?

小分野名1989年2005年2018年2005年
1989年比
2018年
2005年比
工業分野87,837 52,966 39,215 -34,871 -13,751
測量1,417 648 366 -769 -282
土木・建築12,950 7,988 7,018 -4,962 -970
電気・電子7,194 1,785 1,075 -5,409 -710
無線・通信2,549 498 223 -2,051 -275
自動車整備8,524 12,862 7,972 4,338 -4,890
機械2,005 449 390 -1,556 -59
電子計算機7,438 2,397 1,778 -5,041 -619
情報処理38,403 19,040 12,920 -19,363 -6,120
工業その他7,357 7,299 7,473 -58 174

工業分野のなかでは情報処理と電子計算機(情報系)の2つが大きく減少していることがわかります。また、土木・建築も減少しています。ただし、これらは2005年から2018年の間に底があり、現在は増加傾向にあります。

工業分野の中で最も調子が良かったのは自動車整備で、最初の期間に4千人以上入学者を増やしました。しかし、ここ最近は大きく数を減らしています。車離れという言葉が出てきたあたりから減少しているようです。

電気・電子、無線・通信、機械などは1989年から2005年の間に大きく減少しています。大学で同様の分野があり、そちらに流れたためと推測されます。先に触れた情報処理や土木・建築なども同様の傾向がありますが、ここ最近は大学のキャパを超えて増加しているということでしょうか。

農業分野

次に農業分野ですが、農業分野は人数こそ少ないものの増加しています。これには事情があり、各都道府県にある農業大学校が専門学校の認可を受けて、専門学校化していることが要因となっています。

また、農業では2005年に園芸の分野が追加されました。

小分野名1989年2005年2018年2005年
1989年比
2018年
2005年比
農業分野744 1,336 2,557 592 1,221
農業187 384 1,741 197 1,357
園芸なし281 385 なし104
農業その他557 671 431 114 -240

農業は分野数が少ないため、どこが増減しているということはありませんが、上述の通り農業大学校が変更していることから農業の分野が大きく増加しています。

医療分野

次は医療分野です。医療は増加した後に減少した分野です。また、医療では2005年に理学・作業の分野が追加されました。理学療法士は医療全体を見ても大きな規模の資格ですが、この時までその他に分類されており、実態はわかりませんでした。

小分野名1989年2005年2018年2005年
1989年比
2018年
2005年比
医療分野46,146 75,807 63,616 29,661 -12,191
看護25,784 32,471 32,221 6,687 -250
准看護175 37 80 -138 43
歯科衛生5,957 6,990 6,320 1,033 -670
歯科技工3,033 2,209 962 -824 -1,247
臨床検査2,186 1,854 1,246 -332 -608
診療放射線813 1,014 847 201 -167
はり・きゅう・あんま1,804 4,634 3,209 2,830 -1,425
柔道整復1,015 5,901 3,760 4,886 -2,141
理学・作業療法なし8,623 9,665 なし1,042
医療その他5,379 12,074 5,306 6,695 -6,768

2つの期間で減り続けている分野はほとんど(歯科技工と臨床検査のみ)ありません。人数の変動が大きい分野ははり・きゅう・あんまと柔道整復の2つです。これらは急拡大しましたが、その分減少のスピードも速くなっています。

衛生分野

続いて衛生分野です。衛生分野も医療と同じ動きをしています。理容師・美容師や調理師・栄養士など資格分野が主なので、医療と構造は似ています。また、2005年には製菓・製パン分野が追加されました。

小分野名1989年2005年2018年2005年
1989年比
2018年
2005年比
衛生分野28,209 50,090 37,504 21,881 -12,586
栄養4,318 3,443 2,349 -875 -1,094
調理12,078 13,379 8,453 1,301 -4,926
理容1,892 1,194 587 -698 -607
美容8,577 24,812 17,020 16,235 -7,792
製菓・製パンなし3,517 6,354 なし2,837
衛生その他1,344 3,745 2,741 2,401 -1,004

栄養だけが2つの期間を通じて減少しています。これは短大でも同様の傾向があり、大学の管理栄養士に流れている結果だと推測されます。

この中で最も動きの激しかった分野は美容でしょう。当時「カリスマ美容師」という言葉が流行ったように、美容師人気が爆発した時期があります。今も比較的大きい分野ですが、一時期と比べると減少しています。

一方で理容師はあまり人気がなく、減少し続けています。

教育・社会福祉分野

続いては教育・社会福祉分野です。こちらも資格取得がメインとなる分野ですが、福祉系は特に時代の流れに左右されやすい分野です。こちらは介護福祉、社会福祉の各分野が2005年に追加されました。それまで福祉の分野の人数はきちんと把握されていませんでした。

小分野名1989年2005年2018年2005年
1989年比
2018年
2005年比
教育・社会福祉分野11,550 32,326 15,080 20,776 -17,246
保育士養成4,183 6,764 6,045 2,581 -719
教員養成2,888 2,724 2,174 -164 -550
介護福祉なし11,065 4,499 なし-6,566
社会福祉なし3,562 1,624 なし-1,938
教育福祉その他4,479 8,211 738 3,732 -7,473

数字が大きく動いているのが福祉分野、特に介護福祉の分野だとわかります。介護福祉は景気(就職率)と逆に動きます。ですので、就職状況が良い現在は大きく数を減らしています。2005年から2018年の間にはリーマンショックがありましたが、その直後は介護福祉分野の入学者が大きく増えました。

商業実務分野

続いて商業実務分野ですが、こちらは大学でいうと経済学・商学分野に近い分野です。また、2005年に旅行、情報、ビジネスの各分野が追加されました。それまでは情報は工業に分類されていましたが、商業系の情報という分野ができたことになります。

学科名1989年2005年2018年2005年
1989年比
2018年
2005年比
商業実務分野61,293 36,914 35,732 -24,379 -1,182
商業1,257 787 3,752 -470 2,965
経理・簿記20,355 5,871 5,200 -14,484 -671
タイピスト542 5 0 -537 -5
秘書8,838 2,713 292 -6,125 -2,421
経営4,293 1,317 1,675 -2,976 358
旅行なし5,944 7,903 なし1,959
情報なし2,993 4,576 なし1,583
ビジネスなし5,978 8,021 なし2,043
商業実務その他26,008 11,306 4,313 -14,702 -6,993

最初の期間では経理・簿記、秘書、経営などが減少しています。これは大学で扱う分野だと言えるため、大学に進学できるようになったことから減少したと推測されます。

2つ目の期間は大きな変動はありませんが、商業や新しく設置された旅行、情報、ビジネスが増加しています。観光に力を入れる国家戦略の影響があることと、留学生がこの分野にこぞって進学していることが大きな要因となっています。

服飾・家政分野

続いて服飾・家政分野ですが、この分野は当初は専門学校の主力となっていた分野でしたが、産業構造の変化などで大きく減少しています。この分野では2005年にファッションビジネスという分野が追加されています。

小分野名1989年2005年2018年2005年
1989年比
2018年
2005年比
服飾・家政分野28,065 12,157 8,043 -15,908 -4,114
家政443 93 292 -350 199
家庭19 2 4 -17 2
和洋裁23,773 9,724 5,795 -14,049 -3,929
料理1,313 88 130 -1,225 42
編物・手芸1,267 249 64 -1,018 -185
ファッションビジネスなし960 1,676 なし716
家政その他1,250 1,041 82 -209 -959

服飾・家政の分野多く設置されていますが、基本的にどの分野も大きく減少しており、現状では和洋裁とファッションビジネスのみが残っている状態です。その2つも特に規模が大きいわけではありません。

これは大学や短大においても同様の傾向を示しており(大学は一応増えていますが、大学+短大の数字は減少しています)、特に家政系については進学先の分野として成立しにくくなっています。

文化・教養分野

最後に文化・教養分野ですが、こちらは大学のその他と同じくいろいろな分野が混ざっているため、複雑です。文化・教養分野では2005年に動物、法律行政、スポーツの分野が追加されました。正直新しく追加された分野だけを見ても統一感に欠けることがお分かりいただけると思います。

小分野名1989年2005年2018年2005年
1989年比
2018年
2005年比
文化・教養分野45,644 64,997 65,815 19,353 818
音楽3,425 8,160 6,915 4,735 -1,245
美術1,985 1,573 1,616 -412 43
デザイン14,123 14,488 8,999 365 -5,489
茶華道70 45 38 -25 -7
外国語9,690 3,852 6,596 -5,838 2,744
演劇・映画2,495 3,785 3,174 1,290 -611
写真1,178 895 517 -283 -378
通訳・ガイド3,006 1,289 2,062 -1,717 773
動物なし4,978 6,376 なし1,398
法律行政なし7,484 11,004 なし3,520
スポーツなし5,141 4,614 なし-527
文化・教養その他9,672 13,307 13,904 3,635 597

統一性に欠ける分野なのでどこが増えてどこが減ったということを書くこと自体がヘンな感じですが、目立つものとしては、外国語と通訳・ガイドの人数がV字回復していることが挙げられます。分野全体で減少してから増加したものは存在していません。小分野に限ってもきちんと傾向が出ている(小規模なものならある)のはこの2つだけです。

これは「グローバル」人気の結果だと推測されます。具体的には外国語学部などの代替進学先としての位置づけになっています。また、大学進学が厳しい人がこちらに流れていることも考えられます。

一方でデザイン分野などは大きく数を減らしており、芸術系は少し厳しい状況にあると言えます。

専門学校の変化まとめ

専門学校の平成の間の変化をまとめると以下の通りです。

1.専門学校の入学者数は1989年から2005年の期間は増加傾向にあるが、2005年から2018年の期間は減少傾向にある
2.産業構造の変化などが分野ごとの増減に大きく影響している
3.1989年から2005年の間の変化には大学への進学状況が影響したと推測できるものがある

以上参考にしてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です