大学・短大・専門学校の入学者はどう推移したか(宮崎県2019年版)

今回は学校基本調査の数字をもとに宮崎県の大学・短大・専門学校の状況を見ていきたいと思います。

※2020年1月26日に2019年版に改訂しました。

大学が伸びきれず、専門学校が健闘

宮崎県は大学があまり伸びず、その分専門学校が健闘しています。ただし、2005年前後までは順調に伸びていた専門学校ですが、それ以降は減少傾向にあります。

私立大学が減少する

宮崎県も他県と同様に国公立大学は安定的に入学者がいますが、私立大学が減少傾向にあります。

大学地域別分析(宮崎県の大学はどの地域から入学するか)

近畿地方が増加する国立大学

宮崎県の国立大学は宮崎大学ですが、基本的に九州地方の比率が高くなっています。しかし、時期によってはその比率が落ちています。2000年前後の時は関東地方が増加しました。そして、ここ数年は近畿地方の比率が上昇しています。

九州地方が多い公立大学

公立大学は九州地方の比率が高くなっています。第二位は大きく離れていますが中国地方となっています。

九州地方の比率が上昇する私立大学

私立大学は年々九州地方の比率が上昇しています。入学者数自体は減少傾向にありますので、地元からしか入学しないうえに、その数字が落ちているということになります。

大学進学先分析(宮崎県の高校からはどの地域に進学するか)

九州地方がV字回復する国立大学

国立大学の進学先として、2000年前後までは九州地方の比率が低下していましたが、それ以降は一転して上昇しています。その分、関東地方・中国地方が減少しています。

九州地方が多いが中国地方も比率を保つ公立大学

公立大学は設置された時期等も異なりますが、設置前後で九州地方の比率が高いことに変わりありません。また、次の進学先は中国地方となっており、この二地域の比率は安定しています。

関東地方が減少する私立大学

私立大学への進学先は一貫して九州地方が増加し、関東地方が減少しています。それ以外の地域は安定しており、近畿地方にも10%前後が進学しています。

※2019年は関東地方への進学率が過去最低となりました。

高卒進学率は?

大学が伸び始め、専門学校が減少する(総計)

高卒の進学率はほぼ横ばいとなっています。内訳をみると大学がここ数年少しずつ上昇し、その分専門学校の進学率が低下しています。

※2019年は全体の進学比率は横ばいでしたが、大学進学率が低下し、その分専門学校進学率が上昇しています。

大学進学率の伸びが大きい(女子)

女子は総計と比較して大学進学率の伸びが大きくなっています。

※2019年は女子の専門学校進学率が大きく伸びました。

大学進学率が安定しない(男子)

男子は女子と比較しても大学進学率が安定していません。それでもおおむね40%に届くか届かないかというところで上下しており、全体としては横ばい傾向にあると言えます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です